足裏用EMSの使い方や選び方、おすすめ7選!

暮らし

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
オミ
オミ

家にいる時間が増え、運動不足が気になる人も多いのではないでしょうか?
そんな時、家にEMSがあると「ながら」で筋トレができるので便利です◎
この記事では、足裏用のEMSについてお届けします!足裏EMSの選び方なども紹介しますので、EMS選びの参考にしていただければ嬉しいです。

足裏用EMSとは?

EMSは、特殊な微弱電流を流し、筋肉を強制的に収縮させて筋肉を鍛えることができる健康器具。
アスリートがトレーニングに取り入れていることでも有名ですが、自分が体を動かさなくても勝手に筋肉が動き簡単に筋トレできるので、運動不足が気になる人にも人気のアイテムです。
EMSはお腹周り、腕、背中、お尻、脚、顔など体の様々な部位に使うことができる様々なアイテムがありますが、最近は足裏用のEMSにも注目が集まっています。

足裏用EMSは、足をEMSの機械に乗せておくだけという簡単な使用方法のものが多いのが特徴。
椅子に座りながらでも使えるので、デスクワーク中や、読書中、テレビを見ながらなどでも「ながら筋トレ」ができるのが魅力です。

足裏用EMSの効果

第二の心臓とも呼ばれるほど大切な足裏。足裏用のEMSを使うことで普段意識して使わないような筋肉を鍛える効果が期待できます。

足裏用EMSで主に鍛えられる筋肉
  • 足裏の筋肉
  • ふくらはぎの筋肉
  • すねの筋肉
オミ
オミ

足裏用のEMSの種類によっては、様々な部位を鍛えられるものもありますが、主にひざから下の筋肉にアプローチするのが特徴です。

スポンサーリンク

足の筋肉を鍛えるメリット

体を支えたり、歩行を支えたりと、日常の動作に大きく関わってくるのが足の筋肉。
足の筋肉が衰えてくると偏平足になったり歩行など運動するときのクッションの役割が弱くなってしまい、痛みや疲労、不調などの原因となることもあります。

足の筋肉を鍛えることで、偏平足を防いだり、歩行やジャンプなど運動のパフォーマンスを維持したり向上させるなどのメリットがあります。

また、筋肉を鍛えることでむくみの気にならないスッキリとした足を目指すサポートも期待できます。

オミ
オミ

足を鍛えたい!足をスッキリさせたい!という目的だけでなく、
日常生活の動作をスムーズに行える健やかなな体を維持するためにも役立つので、
老若男女問わず取り入れやすいアイテムです◎

足裏用EMSを使うときの注意点

足裏用EMSを使うときにはいくつか注意することがあります。

使用目安を守る
足裏用EMSに限ったことではなくEMS全般に言えることなのですが、EMSは目安時間を超えて使用しすぎると筋肉に過度な負担がかかることになります。
EMSは自分の意識とは別で筋肉を動かすため疲れを感じづらく、ついつい長時間使用したくなりますが、筋肉を傷めることにつながりますので必ず取扱説明書に記載されている時間を守るようにしましょう。

医用電気機器とは併用しない
ペースメーカーや生命維持用医用電気機器、装着型医用電気機器などと併用することはできません。
誤作動を招くおそれがありますので絶対に併用しないように注意しましょう。
また、他にも心臓疾患がある方、静脈血栓症の方、脚部などにボルト等の金属を埋め込んでいる方なども思わぬトラブルにつながる可能性があるので注意が必要です。
他にも使用時に注意しなければならないことなどありますので、事故やトラブルを防ぐためにも必ず取扱説明書を読んで理解してから使用するようにしましょう。

足裏用EMSの選び方

足裏用EMSといってもいろいろな商品があります。
市販で売られている足裏用EMSを選ぶときに注目したいポイントをご紹介します。

足裏用EMSを選ぶときの注目ポイント
  • 形状
  • 汎用性
  • リモコン操作

形状・サイズ

足裏用EMSは、両足が乗るくらいのサイズ感。
そのためEMSの形状によっては、使っていない時に場所をとってしまうというデメリットがあります。
毎日使うという前提で部屋に出しっぱなしにしておくのもありだと思いますが、
折りたためるものや、薄いものなどを選ぶと収納しやすく邪魔になりません。

汎用性

主に足裏からひざ下までを鍛えるのが足裏EMSですが、使い方によって足裏以外の様々な部位に使えるものもあります。
商品によってさまざまですので、どこを鍛えたいのか、どんな風に使いたいのかなどをイメージすると選びやすいです。

リモコン操作

足裏用EMSは基本的に床に置いて使うものなので、パワーの調整などでいちいちかがむのが面倒なことがあります。
リモコン操作ができるものを選ぶと便利です。

足裏用EMSのおすすめ7選

ここからは魅力的な足裏用EMSをご紹介していきます!
色々な足裏用EMSがあるので、足裏用EMSを選ぶ際の参考にしていただければ嬉しいです。

シックスパッド フットフィットライト

出典:rakuten.co.jp

数多くのEMSを展開している有名メーカー「シックスパッド」の足裏用EMS。
足裏の形にフィットするように計算された立体的な形状で効果的に足裏から筋肉にアプローチします。
ロッキングチェアのように前後に傾ける動きができるため、EMSをしながら足の運動もできるのが魅力◎
本体から収納できる着脱式のリモコンがついているので、リモコンが迷子になりづらく、操作も簡単です。

  • 対応部位:足裏、前すね、ふくらはぎ
  • レベル調整/モード:10段階レベル調整
  • リモコン:あり
  • サイズ: 330mm×312mm×77mm
  • 重量:約1.1kg
  • 電源:アルカリ乾電池
  • 価格:定価38,800円(税込)

▼シックスパッド フットフィットライトをネットで購入するならこちら♪

シックスパッド フットフィットライト
created by Rinker

 

フットエナジー DSY-FCE-01

出典:rakuten.co.jp

「フットエナジー」は、足のかたちに合わせた凹凸設計が特徴。足裏全体にまんべんなくEMSの刺激を届けます。
また、使用用途や好みに合わせて3段階の角度調整ができ、角度をつけることでより効果的に筋肉へとアプローチできます。
表層の筋肉を動かす低周波と、真相の筋肉を動かす中周波でバランスよく鍛えられます。

  • 対応部位:足裏、ふくらはぎ、すね、もも
  • レベル調整/モード:モード3種類
  • リモコン:あり
  • サイズ:330mm×300mm×H20mm
  • 重量:約1.4kg
  • 電源:リチウムイオン電池(充電式)
  • 価格:約25,000円前後

▼フットエナジー DSY-FCE-01をネットで購入するならこちら♪

フットエナジー DSY-FCE-01
created by Rinker

 

VONMIE ボミー EMSスタイルマット

出典:rakuten.co.jp

北欧のエストニアで開発された「VONMIE ボミー」の足裏EMSは、健康器具っぽくないかわいらしいストライプ柄がおしゃれ。
柔らかくて軽量で薄いポリウレタンのマットは持ち運びや収納もしやすいです。
2つのモード選択と15段階のレベル調整ができ、25分間の自動プログラムで足の筋肉やむくみへとアプローチします。

  • 対応部位:足裏、足首からひざ下、ふくらはぎ、太もも
  • レベル調整/モード:モード2種類、15段階レベル調整
  • リモコン:あり
  • サイズ:310mm×310mm×70mm
  • 重量:約0.11kg
  • 電源:USB充電式
  • 価格:約7,000円前後

▼VONMIE ボミー EMSスタイルマットをネットで購入するならこちら♪

ボミー EMSスタイルマット
created by Rinker

 

ルルドスタイル EMSシート

出典:rakuten.co.jp

「ルルドスタイル」の足裏EMSは、シート部分が薄さたったの1㎜という先進的なデザインが特徴。
クルっと丸めて収納できるのでとってもコンパクトです。
本体は薄いですが、EMSとしての性能はパワフル。低周波・中周波・高周波の3つのモードが選べ、目的に合わせて使い分けができます。
足裏だけでなく、ふくらはぎ、二の腕、ふともも、お尻、手のひらなどをシートに乗せればそれぞれの部位をダイレクトに鍛えられるのも魅力。

  • 対応部位:足裏、ふくらはぎ、太もも、お尻、二の腕、手のひら
  • レベル調整/モード:モード3種類、8段階レベル調整
  • リモコン:なし
  • サイズ:360mm×340mm×20mm
  • 重量:約200g
  • 電源:電源:USB充電式
  • 価格:約5,000円前後

▼ルルドスタイル EMSシートをネットで購入するならこちら♪

ルルドスタイル EMSシート
created by Rinker

 

カルフット

出典:rakuten.co.jp

「カルフット」は、元マラソン選手が監修したランニングメソッドを取り入れた足裏EMS。
選べる2種類のオートモードは1回たったの10分。低周波、中周波、高周波の3種類の微弱電流で、表層の筋肉から深層の筋肉まで効果的に鍛えます。
足裏だけでなく、お尻に敷けば太ももやお尻の筋肉にもアプローチできるのも魅力。
半分に折りたためてコンパクトです!

  • 対応部位:足裏、すね、ふくらはぎ、太もも、お尻
  • レベル調整/モード:モード2種類、15段階レベル調整
  • リモコン:あり
  • サイズ:328mm×312mm×19mm
  • 重量:約128g
  • 電源:USB充電式
  • 価格:約14,000円前後

▼カルフットをネットで購入するならこちら♪

 

マクセル モテケアフット

出典:rakuten.co.jp

「モテケアフット」は、シリコンゴムでできている薄くて軽量な足裏EMS。
足の置き方を縦横で変えたり、ふくらはぎの下に敷いたり、太ももの下に敷いたり、お尻に敷いたりでき、様々な部位をダイレクトに刺激できるのが特徴。
トレーニングモードとリラックスモードがあるので、その日の気分に合わせて鍛えるもよし、リラックスするもよし◎
操作はシンプルでありながら、汎用性の高いEMSです。

  • 対応部位:足裏、ふくらはぎ、ふともも、お尻
  • レベル調整/モード:モード4種類、15段階レベル調整
  • リモコン:あり
  • サイズ:360mm×340mm×22mm
  • 重量:約150g
  • 電源:リチウムイオン電池(充電式)
  • 価格:約10,000円前後

▼マクセル モテケアフットをネットで購入するならこちら♪

マクセル モテケアフット
created by Rinker

 

スポンサーリンク

NIPLUX LEG RELAX

出典:rakuten.co.jp

「LEG RELAX」は、選べるモードが豊富な足裏EMS。
たたき、かっさ、鍼灸、揉み、オートの5つのモードから気分に合わせた使い方ができます。
レベル調整も16段階と豊富で、リラックスしたいとき、トレーニングしたいときなど目的によって使い分けできるのも魅力。
クルっと丸められるマットタイプなので省スペースで収納できます。

  • 対応部位:足裏、ふくらはぎ、太もも、腕
  • レベル調整/モード:モード5種類、16段階レベル調整
  • リモコン:あり
  • サイズ:-
  • 重量:約152g
  • 電源:USB充電
  • 価格:約7,000円前後

▼NIPLUX LEG RELAXをネットで購入するならこちら♪

 

 

オミ
オミ

足裏用EMSについてお届けしました!
ながら筋トレで健康的な体づくりを目指していきましょう♪

シックスパッド フットフィットライトフットエナジー DSY-FCE-01VONMIE ボミー EMSスタイルマットルルドスタイル EMSシートカルフットマクセル モテケアフットNIPLUX LEG RELAX
シックスパッド フットフィットライト
created by Rinker
フットエナジー DSY-FCE-01
created by Rinker
ボミー EMSスタイルマット
created by Rinker
ルルドスタイル EMSシート
created by Rinker
マクセル モテケアフット
created by Rinker

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
暮らし
スポンサーリンク
キレインボー
タイトルとURLをコピーしました