『アナと雪の女王2』4DX版を小さい子供と映画館に観に行ったら、未知の世界だった感想・レビュー[ネタバレなし]

PR
暮らし
オミ
オミ

話題の「アナと雪の女王2」が11月22日に公開されましたね!
わが家でもさっそく、子供と一緒に映画館の4DX版で観に行ってきました。
4DXって子連れでも大丈夫なの?注意することはある?とママさんやパパさんは気になるところだと思いますので、事前に確認しておきたいことや感想を書いていこうと思います!

4歳の娘は「アナと雪の女王」が大好き。
前作の「アナと雪の女王」が公開されたのは娘が生まれる前だったのですが、2歳ころからどっぷりハマってしまい、劇中歌はほぼ歌えます。
レリゴーもとい「Let It Go」はエルサの振付まで完コピしてます。

それほど娘が大好きな「アナと雪の女王」の続編が映画になると知ってから、ずーっと楽しみにしていたので

「せっかくだから映画館に見に行こうか!」

という夫の提案もあり、家族で「アナと雪の女王2」を見に行くことにしました。

PR

4歳の娘、映画館は2回目

4歳の娘は、1か月前に「スタートゥインクルプリキュア」の映画を見たのが映画館デビュー。

その時はパパと2人で観に行ったのですが、映画館で騒ぐこともなく、しっかり映画を楽しめたようだったので2回目の映画館も大丈夫だと判断し、アナ雪2も映画館で観ることに決めました。

「アナと雪の女王2」を観るのは「4DX版」

今回、アナと雪の女王2は「4DX版」で観ることにしました。

理由は「楽しそうだから!!」

だって5年ぶりの映画ですよ???
ここはもう全力で映画の世界を楽しみたいじゃないですか。というわけで「4DX版」を選択。

「4DX」とは?

映画のシーンに合わせて座席が上下左右に動いたり、臭いや風や水を感じたりすることができる上映方法。
五感で映画の世界を感じることができると話題で、世界中で注目され、多くの映画館が導入しています。

今回見たのは「アナと雪の女王2」の4DXマジカルエディション。

マジカルエディションの方が、通常の4DXよりも動きや特殊効果が激しいらしいのですが、そもそも「通常の4DX」を体験したことがないのでよくわからないまま「マジカルエディション」を体験することに。

ちなみに3Dではないので、アトラクションなどでよくある3Dメガネはかけません。

小さな子供と一緒に「4DX」を観る前に注意すること

今回、4歳の娘と「アナと雪の女王2」4DX版を観ることになったのですが、映画館に着いてからわかったこともあったので、事前にチェックしておきたいことをまとめました。

小さな子供と4DXを観る時に気を付けたいこと
  • 身長100cm以下は「4DX」を観ることができない
  • 大人の膝の上に座らせて鑑賞させてはいけない
  • 途中で席を外すことはNG

身長100cm以下は「4DX」を観ることができない

うちの娘は身長が100㎝以上あるので無事観ることができましたが、4歳前後でも100㎝満たないお子さんもいると思います。
映画館に行ってから「100cm以下なので4DXでは観られない」と知って悲しいことにならないように、事前に確認しておきましょう。

大人の膝の上に座らせて鑑賞させてはいけない

小さな子供は、甘えて親の膝に乗りたがったりすると思うのですが、座席が動いて危ないためか、「膝の上に座らせて鑑賞する」ことは禁止されていました。

慣れない環境に行くとママやパパにべったりになってしまうお子さんは、そうならないように事前にお子さんにしっかり言い聞かせて、理解してもらってから挑んだ方が安心だと思います。

途中で席を外すことはNG

こちらも座席が動くから危ないという観点からだと思いますが、途中で席を外すことはNGとされていました。
映画の途中でトイレに行きたくなっても、席を外すことができないので必ず上映前にトイレを済ますようにしましょう!

いざ、子供と一緒に「アナと雪の女王2」4DXマジカルエディションを鑑賞!

いよいよ「アナと雪の女王2」を鑑賞する映画館へ!
話題の作品なだけあり、映画館中「アナ雪」だらけでした。

アナと雪の女王2を「4DX」で観た子供の反応

上映が始まってから終わるまでの、子供の反応をお伝えします。
お子様とアナ雪を4DXで観る時の参考にしてみてください。

別の映画の予告編で怖がり度MAX

アナ雪が始まる前のいくつかの映画の予告編が、まさかの全部「アクション系」。
銃撃戦やカーレースなど子供には刺激の強い映像が流れました。

そして4DXの特殊効果は絶好調!!
容赦なく椅子が上下左右に動くし、フラッシュがすごいしで、子供は「怖い~!!帰りたい~!!」を連呼

これから未知の旅が始まることを感じているみたいです。
Oh-oh~ oh-oh~!

「あぁ、これは来てはダメなパターンだったかな…。」

と後悔をしはじめつつ、
「大丈夫だよ、これはすぐ終わるからね。もうすぐアナ雪始まるからね。」
「アナ雪が始まったら楽しくなるからね!」
と必死になだめました。

「アナと雪の女王2」の本編が始まったら

本編が始まっても、子供の怖がりはなかなか収まらず。
この先どんな未知の世界が広がっていくのかわからないし、椅子が結構大きく揺れるし、風が思ったより強めに拭いてくるしで子供はおろおろ。

特に不穏な場面や、暗い場面、アクションっぽい場面では、椅子の動きやフラッシュ、風はさらに強くなり、
「早く終わればいいのにぃ~・・・泣」
とぐずぐず。


そんな状態なので、私は隣の席に座りながらも、娘を腕の中に抱きよせてラブラブ♡な状態で鑑賞することに。

途中から楽しくなってきたみたい

最初、椅子の動きやフラッシュ、風、水しぶきなどに怖がっていた娘でしたが、話が進むにつれて、椅子の動きや特殊効果にも慣れ、アナ雪の世界に真剣に見入っていたり、面白い場面では笑ったりしていました。

アナ雪ってシリアスな場面も多いけど、クスっと笑えるお笑い要素も入ってるから、それのおかげで娘の緊張もほぐれたみたいです。
特にオラフの言動に救われたところは多いんじゃないかな~と思います。

最後は「楽しかったね!」と大満足

最初は「早く帰りたい~!」と言っていた娘でしたが、映画が終わった後は「楽しかったね!」と超ご機嫌でした。

アナと雪の女王2を子供と一緒に「4DX」で観た感想

大人の私も、最初は4DXの効果にあまり慣れませんでした。

なんというか、椅子が動きすぎな気がして(笑)

ですが、壮大な景色を見渡したり、人の視点に合わせた椅子の動きが絶妙で、途中からはアナ雪の世界に入り込むことができました。

あまり詳しく言うとネタバレになってしまうかもしれませんので言いませんが、風や水などの特殊効果もいい感じでした。

私の行った映画館は、「雪」の効果がない映画館だったのですが、雪が降る映画館だったらもっとアナ雪の世界に浸れたんだろうな~。と感じてます。

雪の演出が無くても十分楽しめましたどね!!!

最初はどうなることかと思いましたが、途中からは娘も親も楽しんで観ることができたので、アナ雪が大好きな小さなお子様がいるご家庭には、ぜひ4DXシアターをおすすめしたいです!

普段なかなか体験することができない空間なので、お子様にもいい刺激になるんじゃないでしょうか。

うちの娘は結構怖がりな方なので、全然怖がらずに最初から普通に楽しめるお子さんもたくさんいるんだろうなー。

未知の旅へ~♪オォーオォー♪

タイトルとURLをコピーしました