お守り感覚でつけられるスキンジュエリーの魅力とおすすめの人気ブランド5選

ファッション
[PR]本サイトはプロモーションが含まれています

この記事を書いた人

化粧品検定1級 コスメコンシェルジュ資格
今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
スポンサーリンク
オミ
オミ

さりげなく身につけられることで人気の「スキンジュエリー」は30代40代の女性にもおすすめ。

この記事ではスキンジュエリーの魅力や、スキンジュエリーの選び方、スキンジュエリーのおすすめの人気ブランドなどをお届けします!
ジュエリー選びの参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

スキンジュエリーって何?

スキンジュエリーは、その名のとおり素肌っぽい感覚で身に着けられるジュエリーのことを言います。

ネックレス、リング、ブレスレット、ピアスなど様々な展開がありますが、
・華奢
・シンプル
・肌になじみやすい
というのが大きな特徴で、一見つけているかどうかわからないこともあるほど主張しすぎないさりげない存在感があります。

スキンジュエリーのメリット・デメリット

スキンジュエリーのメリット
  • 服装やシーンを選ばずにつけられる
  • 素肌を美しく見せてくれる
  • 邪魔にならない
  • 普段使いしやすい
  • お守り感覚でつけられる

スキンジュエリーはシンプルで華奢なデザインです。素肌になじみやすく華美にならないので服装やシーンを問わずつけられるのが魅力。
素肌っぽいのでヘルシーな印象にもなり、スキンジュエリーをつけている素肌をさりげなく美しくみせてくれます。

また華奢なのでつけ心地も軽く、重さが気になったり生活の中で邪魔になることがほとんどありません。
そのため毎日でもつけられるほどに普段使いしやすいので、常に寄り添ってくれるお守りのような感覚でつけられます

スキンジュエリーのデメリット
  • 遠目で見た時の華やかさに欠ける
  • 取扱い注意

スキンジュエリーは華奢で素肌になじむようなさりげなさが売りですが、逆を言えば遠目で見たときの華やかさはあまりありません。
スタイリングのアクセントにはなりにくく、パッとした華やかさが欲しい時には少し物足らなさを感じてしまうかもしれません。

また、スキンジュエリーはチェーンなどのメタルパーツも細かかったりするため、無理に引っ張ってしまったりすると破損しやすいというデリケートな面もあります
普段使いしやすいジュエリーではありますが、取扱いには注意を払う必要があります。

オミ
オミ

お守りのような感覚で毎日つけられるので愛着も湧きますし、自然と取扱いは丁寧になると思います。

自分に合うスキンジュエリーのおすすめの選び方

せっかくスキンジュエリーをつけるなら、自分に合ったジュエリーを身に着けたいですよね。
ここでスキンジュエリーを選ぶときのおすすめポイントをご紹介します!

スキンジュエリーを選ぶポイント
  • 素材
  • パーソナルカラー
  • デザイン

素材のおすすめ

スキンジュエリーの素材は様々ですが、中でも
・プラチナ
・ゴールド
(イエローゴールド・ピンクゴールド・ホワイトゴールド)
・シルバー
がおすすめ。

プラチナ・ゴールド・シルバーのいずれも金属アレルギーを起こしにくい素材で、錆びたり劣化しにくいので長く愛用できます
※全ての人にアレルギーが起こらないというわけではありませんし、含有されている金属によっては錆びたり劣化することもあります。

プラチナ

プラチナは「白金」と書くように、透明感のある繊細な白い輝きが特徴。
傷がつきにくく、変色しにくいというメリットがあります。
一方でプラチナのジュエリーは比較的高額になりやすいという面もあります。

プラチナのおすすめポイント

・透明感のある繊細輝き
・傷や変色しにくい

ゴールド

ゴールドは黄色味のある輝きが特徴ですが、ほかの含有素材によってイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなど様々な色味があるのが魅力のひとつ
また金の含有量によって24金、18金、14金、10金などの展開があります。
金は傷がつきやすいため24金のジュリーはほとんどなく、10金~18金あたりのジュエリーが多く、扱っているブランドも多いためデザインも幅広いです。

ゴールドのおすすめポイント

・色選びができる
・デザインの選択肢が幅広い

シルバー

シルバー銀色のクールな輝きが特徴。
プラチナやゴールドよりもリーズナブルな価格で購入しやすいです。
シルバーはつけているうちに黒く変色してきてしまうことがあるので、美しい輝きを維持するためにはシルバー磨きで磨くなどのケアが必要です。

シルバーのおすすめポイント

・クールな輝き
・リーズナブルな価格で購入しやすい

このように素材による性質の違いがありますが、スキンジュエリーの素材を選ぶときは色味もポイントになってきます。

パーソナルカラーごとのおすすめ

スキンジュエリーを選ぶ際は、素材の色とパーソナルカラーも意識しましょう。
自分の肌になじみの良い色の素材を選ぶことでより自然につけられるので、自分のパーソナルカラーがわかっているならば、パーソナルカラーに合わせた色を選ぶのがおすすめです。

自分のパーソナルカラーがわからない場合は、パーソナル診断をしてみましょう。
こちらのサイトでは簡単にパーソナル診断ができますよ。

⇒1分でできるパーソナルカラー診断(pierrotshop.jp)

というわけで、パーソナルカラー毎のおすすめ素材をざっくりまとめるとこのようになります。

イエベ春

ピンクゴールド、イエローゴールド

ブルべ夏

シルバー、プラチナ、ピンクゴールド、ホワイトゴールド

イエベ秋

イエローゴールド

ブルべ冬

シルバー、プラチナ、ホワイトゴールド

オミ
オミ

パーソナルカラーにマッチする色のスキンジュエリーを取り入れることで、肌なじみが良くなりより素肌感を引き立てられますよ。

おすすめデザイン

スキンジュエリーとしてつける場合は、華奢でシンプルなデザインを選びましょう。

存在感があまりにも際立つデザインだとスキンジュエリー感がなくなってしまいます。
装飾が小ぶりだったり、ビジューが小さめでさりげないものを選ぶのがおすすめです。

一粒デザイン

一粒の小ぶりなダイヤモンドや天然石などがあしらわれたデザイン。
キラキラと輝くビジューが1粒ついているだけでも、さりげない華やかさやエレガントな雰囲気を演出できます。

ステーションデザイン

小ぶりのビジューやパーツが路線図の駅のように間隔を開けてあしらわれているデザイン。
どこから見てもさりげない華やかさがあります。

メタルモチーフデザイン

ビジューなどを使わずにメタルパーツのみで表現されたデザイン。
メタルの素材感で統一されるため、スタイリッシュでクールな雰囲気になります。

スキンジュエリーは重ね付けするのもおしゃれ

スキンジュエリーは重ね付けしてもうるさくなりにくいのも魅力。
ネックレス、ブレスレット、リングなどに関わらず、もし「少し物足りない」と感じる場合はスキンジュエリーを重ね付けするのもおすすめです。

重ね付けしてもごちゃごちゃしないため、おしゃれ上級者のようなこなれた雰囲気ができあがりますよ。

スポンサーリンク

スキンジュエリーのおすすめ人気ブランド5選

ここからはスキンジュエリーのおすすめ人気ブランドをピックアップしてご紹介します!
スキンジュエリーと言っても、ブランドによってテイストや雰囲気が違うので、ぜひ自分好みのブランドを見つけてみてくださいね。

ヴァンドーム青山

日本のジュエリーブランド「ヴァンドーム青山」は、華奢でエレガントな雰囲気のあるジュエリーを展開しています。
デザインの展開がとても多く、スキンジュエリーも豊富。
一見シンプルですが、細部にこだわったデザイン性で華やかさがあるのが魅力です。
素材はシルバー、ゴールド、プラチナが中心。
価格帯は1万円台~40万円台です。

PICK UP!!

ダイヤモンド リュール ネックレス

出典:rakuten.co.jp

なだらかなカーブを描くトップに5粒の小さなダイヤモンドがあしらわれたネックレス。
デコルテラインに沿う形状が首元を魅力的に演出します。

PICK UP!!

淡水パールブレスレット

出典:rakuten.co.jp

3㎜~3.5㎜の小ぶりな淡水パールが等間隔で配置されたステーションブレスレット。
パールの柔らかい輝きが手元をさりげなく女性らしい印象へと引き立てます。

▼ヴァンドーム青山のスキンジュエリーをネットで探すならこちら♪

ヴァンドーム青山
created by Rinker

  

エテ

日本のジュエリーブランド「エテ」は、シンプルで都会的なムードが漂うアクセサリーを展開しています。
女性らしさがありつつも可愛くなりすぎないクールな面をあわせもっているのが魅力のひとつ。
素材はシルバー、ゴールド、プラチナが中心。
価格帯は数千円台~10万円台です。

PICK UP!!

グレイン ネックレス

出典:rakuten.co.jp

ゴールドの小粒パーツが並んだネックレス。
シンプルでありながら、光を細やかに反射するので動きもありさりげない華やかさがあります。

PICK UP!!

レイヤード リング

出典:rakuten.co.jp

V字のラインのシンプルなリング。
特徴的なV字は、細長く見せてくれるという嬉しいメリットもあります。

▼エテのスキンジュエリーをネットで探すならこちら♪

  

アーカー

日本のジュエリーブランド「アーカー」は、繊細でフェミニンなアクセサリーを展開しています。
小粒のダイヤモンドを贅沢に敷き詰めたパヴェデザインや、可愛らしいモチーフなど、女心をくすぐるアイテムが揃っています。
素材はゴールドが中心。
価格帯は1万円台~60万円台です。

PICK UP!!

ハートパヴェネックレス

小ぶりのハートモチーフに0.05カラットのダイヤが敷き詰められたネックレス。
可愛らしいモチーフですが、繊細なダイヤモンドの輝きもあり可愛くなりすぎず大人っぽくつけられます。

▼アーカーのスキンジュエリーをネットで探すならこちら♪

  

ココシュニック

日本のジュエリーブランド「ココシュニック」はモダンでスタイリッシュな雰囲気のアクセサリーを展開しています。
素材はシルバーやゴールドが中心。肌になじみやすいメタルパーツの素材感を活かしたデザインも豊富です。
価格帯は数千円台~20万円台です。

PICK UP!!

ラウンドホロウネックレス

出典:rakuten.co.jp

ぷっくりとした小粒なゴールドのモチーフが特徴的なネックレス。
ビジューや天然石とはまた違った雰囲気で、ゴールドの上品でさりげない輝きが素肌を引き立てます。

PICK UP!!

カットビーズチェーン3連 ブレスレット

出典:rakuten.co.jp

ゴールドのカットビーズがステーションデザインになったブレスレット。
一見シンプルなチェーンに見えますが、光を反射するカットビーズで華やかさもあります。
3連デザインになっているため、1本でも重ね付けしたような存在感もあります。

▼ココシュニックのスキンジュエリーをネットで探すならこちら♪

ココシュニック
created by Rinker

  

パティエラ

日本のジュエリーブランド「パティエラ」は、様々なテーマに沿ったシンプルなアクセサリーを展開しています。
どんなスタイルにもマッチする日常に寄り添ったデザインも多く、大人の普段使いジュエリーにおすすめ。
比較的リーズナブルな価格帯ですが品質にもこだわっているのでコストパフォーマンスは高いです。
素材はシルバーやゴールドが中心。
価格帯は数千円台~3万円台。

PICK UP!!

ルシアネックレス

出典:rakuten.co.jp

サイドにモチーフがくるユニークなデザインのネックレス。
四葉のようなモチーフには小粒のビジューがあしらわれており、繊細で艶っぽさがあります。

PICK UP!!

ヘイチェーンピンキーリング

出典:rakuten.co.jp

華奢な喜平チェーンが可愛らしいシンプルなピンキーリング。
チェーンになっているためとても軽くて指にフィットしやすいです。

▼パティエラのスキンジュエリーをネットで探すならこちら♪

  

オミ
オミ

スキンジュエリーの選び方やおすすめブランドなどをお届けしました!
肌になじむようにつけられるスキンジュエリーは、さりげない大人のおしゃれにぴったりです。

お気に入りのスキンジュエリーは、毎日着用しているうちにどんどん愛着が湧いてきてお守りのような存在になることもあります。
ぜひ好みのスキンジュエリーをワードローブにプラスしてみてくださいね。

スポンサーリンク

この記事でご紹介したスキンジュエリーブランド一覧

ヴァンドーム青山エテアーカーココシュニックパティエラ
ヴァンドーム青山
created by Rinker
ココシュニック
created by Rinker

この記事を書いた人

化粧品検定1級 コスメコンシェルジュ資格
今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
ファッション
キレインボー
タイトルとURLをコピーしました