入浴しながらスキンケアできる?アンフィルターのバスオイルを使ってみた口コミレビュー

美容

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
オミ
オミ

スキンケア開拓中の30代主婦オミです。
この記事では、入浴しながらスキンケアができるという噂の「アンフィルター バスオイルを実際に使ってみた口コミレビューをお届けします。
入浴剤やボディケア選びの参考にしていただければ嬉しいです。

アンフィルターのバスオイルとは?

出典:unfilter.co.jp

様々な美容成分が配合されているオイルで、お湯をはった浴槽に入れて入浴するだけで簡単に全身スキンケアができてしまうというズボラにも嬉しいバスアイテム。

バスオイルが溶け込んだお風呂に浸かることで、肌にうるおいを与えてくれるなどのスキンケア効果が期待できます。

オミ
オミ

お風呂上りにボディクリームを塗るのが面倒なタイプなので、お風呂に浸かりながら保湿ケアできたら最高!

▼アンフィルターのバスオイルをネットで購入するならこちら♪

アンフィルターのバスオイルにはどんな美容成分がはいっている?

アンフィルターのバスオイルは、配合されている成分の84%が天然由来の美容成分だそう。
というわけで配合成分を詳しくチェックしてみました。

アンフィルター バスオイルの全成分

ヒマワリ種子油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、コメヌカ油、デカイソステアリン酸ポリグリセリル-10、香料、(イソステアリン酸ポリグリセリル-2/ダイマージリノール酸)コポリマー、アーモンド油、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、ヤシ油、オリーブ果実油、水、BG、スクワラン、アルブチン、ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸、加水分解ヒアルロン酸、トコフェロール、グリセリン、ラウロイルラクチレートNa、プラセンタエキス、エタノール、ヒナギク花エキス、デキストリン、カニナバラ果実エキス、イチョウ葉エキス、チャ葉エキス、ワレモコウエキス、ナツメ果実エキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、水溶性プロテオグリカン、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキス、キサンタンガム、カルボマー、クズ根エキス、クロレラエキス、アロエベラ葉エキス、ユズ果実エキス、加水分解クチナシエキス

オミ
オミ

天然オイルが数種類配合されていますね。

アンフィルターのバスオイルに入っているオイルの種類
  • マワリ種子油
  • 米ぬか油
  • アーモンド油
  • ホホバ種子油
  • アルガニアスピノサ核油
  • ヤシ油
  • オリーブ果実油

また、オイルだけでなく植物の花、葉、根、果実から抽出される美容成分も数種類確認でき、ボタニカルな印象が強め。
天然由来の成分で気持ちよく入浴できそうです。

さらにはビタミンC誘導体、3種類のセラミド、プラセンタ、アルブチン、ヒアルロン酸など、数種類の美容成分も配合されていました。

オミ
オミ

まるで美容液のような成分内容なので、肌を潤わせるだけでなく、肌を健やかにたもちながら美肌に近づけそうなサポートが期待できます!

▼アンフィルターのバスオイルをネットで購入するならこちら♪

スポンサーリンク

アンフィルターのバスオイルを実際に使ってみた口コミレビュー

というわけで、実際にアンフィルターのバスオイルを使ってみました。

アンフィルターのバスオイルの使い方

アンフィルターのバスオイルは週2回の使用が推奨されています。

  • お湯をはった浴槽に1袋を入れる

    バスオイルは1回分毎のパッケージになっています!

  • 入浴

    10分以上浸かることが推奨されています。

  • 入浴後はボディソープなどで体を洗わずに出る

    シャワーで軽く洗い流す程度ならOK。

よくある入浴剤と使い方はほぼ同じ。

せっかくの美容成分を落とさないように、入浴後にボディソープなどでバスオイルを洗い落としてしまわないように注意しましょう。

アンフィルターのバスオイルの使い心地レビュー

アンフィルターのバスオイルは透明ですが、お風呂に入れると、お湯に入れた瞬間に乳化してお湯が白っぽくうっすらとにごります。

「バスオイル」=「油」なので、浴槽で油浮きしないか心配しましたが、乳化してお湯に馴染んだようで、そこまで油浮きは気になりません。

オミ
オミ

にごり湯の気分を味わえます♪

バスオイルが入ったお湯は滑らかで気持ちがよく、ゆったり15分ほどマッサージしながら浸かっていると、体がポカポカ温まってきました。

美容液成分がたっぷり入っているので、ここぞとばかりに肌にすり込むことを意識!笑
温泉のようなツルツル感はありませんが、肌が柔らかくすべすべになっている感じがしてきます。

入浴した後に、ボディソープなどを使ってバスオイルを落とすことはNGのようなので、
軽くシャワーで流してお風呂を出ました。

お風呂上がりの肌はしっとりすべすべ。
オイルのベトつきやヌルつきは感じず好感触です。
ほんのりオイルの香りが体から漂ってきて、スパ帰りのような気分。

オミ
オミ

「美容液のお風呂に入った」という気分で、リラックス感と充実感を一緒に味わえる夜になりました。

アンフィルター バスオイルの香り

アンフィルターのバスオイルの香りは、香水のように変化していくそうです。

トップノート:ベルガモット・ビターオレンジ・スィートオレンジ
ミドルノート:ローズ・ホワイトジャスミン
ラストノート:アンバー・パチュリ・ムスク

実際に使ってみて、バスオイルを入れる瞬間の甘めの柑橘っぽいフレッシュな香りと、
お風呂上りのオリエンタルな感じの大人っぽい上品な香りが印象的でした。

このバスオイルは、入浴中もお風呂上りもそこまで強い香りはしないため、家族一緒のお風呂でも使いやすい点が良かったです。

オミ
オミ

子どもも「いい香り」と喜んでいました!

▼アンフィルターのバスオイルをネットで購入するならこちら♪

アンフィルターのバスオイルを使ってみて良かったこと・イマイチだったこと

アンフィルターのバスオイルを使ってみて良かったこととイマイチだったことを正直にまとめていきます!

♡アンフィルター バスオイルの良かったところ

アンフィルター バスオイルの良かったところ
  • ご褒美感♪
  • 香りが良い
  • 小分けで使いやすい

♡ご褒美感♪

オイルや美容成分が含まれているため、入浴していると肌がしっとり柔かくすべすべになってきます。
この肌の感触も好きですが、何といっても「美容液のお風呂に入っている」というご褒美感がいい♪
週2回の特別ケアなので、疲れがたまってきた週中や、リフレッシュした週末などに自分へのご褒美にぴったりです。

香りが良い

嫌味の無い上品な香りが、バスタイムからお風呂上りまでしっとり包んでくれるので癒されます。
ほんのり香る程度なんですが、いい香りなのでついクンクン嗅ぎたくなってしまう!

小分けで使いやすい

バスオイルというと、ボトルからオイルが垂れて来たり、キャップが空けづらかったりと使う時に地味にストレスを感じるイメージがありますが、
アンフィルターのバスオイルは1回分毎の小分けになっているので、管理しやすいし使いやすいのが良かったです。

▼アンフィルターのバスオイルをネットで購入するならこちら♪

スポンサーリンク

△アンフィルター バスオイルのイマイチだったところ

アンフィルター バスオイルのイマイチだったところ
  • お風呂上がりの保湿は必要
  • 浴槽の内側に油分が残る

お風呂上がりの保湿は必要

保湿効果が期待できるバスオイルなので、使うまで「お風呂上がりのボディクリームを塗る手間が省けるかも~♪」と期待していたのですが、
実際に使ってみると、お風呂上がりのボディクリームはぬらないと保湿が足りないと感じました。
何もしない時よりは乾燥しづらいようにも感じますが、もう少し保湿力があると嬉しかった。

浴槽の内側に油分が残る

乳化するので目立つ油浮きはしませんが、それでもやっぱり「オイル」なので浴槽の内側に油分がつきます
油分が残りやすいので入浴後はきちんと掃除しましょう。

オミ
オミ

いつもの入浴剤をバスオイルに変えるだけで、バスタイムの気分が全く変わりました。
週2回、スパ気分でお風呂に入って全身の美肌をめざそうと思います♪

▼アンフィルターのバスオイルをネットで購入するならこちら♪

 

 

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
美容
スポンサーリンク
キレインボー
タイトルとURLをコピーしました