男の顔のテカリ対策で必要なのは洗顔とスキンケア!テカリ対策洗顔料「ツブウォッシュ」を実際に使ってみた口コミレビュー

美容
Face wash man splashing water cleaning washing face with facial soap in bathroom sink. Men taking care of skin, morning face wash routine for cleaning acne pimples.

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
オミ
オミ

毎日の顔のテカリ対策、あなたはどうしていますか?
顔が脂でぎっとぎとにテカっていると、なんとなく周りの目が気になってしまいますよね。
私の夫も顔のテカリを気にしていて、結構いろいろ試しています。
この記事では男性の顔のテカリ対策についてお届けします!

なぜ顔がテカるの?

顔がテカってしまうのは「過剰に分泌された皮脂」が原因。
皮脂はもともとは肌の保湿をする重要な役割を担っているのですが、何らかの理由で必要以上に皮脂が分泌されると、顔がテッカテカになってしまいます。

なぜ過剰に皮脂が分泌されるの?

理想的な肌は、肌の内側に水分が多く、それを薄い皮脂の膜が覆う形でバランスが保たれています。
たっぷりの水分の上に、肌の水分が蒸発しないよう適度な皮脂が油分でふたをしているようなイメージ。

ですが、肌の水分が少なくなってしまうと、更なる水分蒸発を防ごうとして、肌から皮脂がどんどん分泌されます。

さらに男性の場合は男性ホルモンの影響で女性よりも皮脂量が多いこともあり、皮脂の過剰分泌につながりやすいです。

他にも、油っぽい食べ物や甘い物の食べ過ぎなど、偏った食生活などでビタミンB2、B6が不足していると、
皮膚の代謝や皮脂分泌のコントロールがうまくできなくなり、皮脂が過剰に分泌されやすくなるとも言われています。

男の顔のテカリを防ぐ方法は?

ここからは男性の顔のテカリを防ぐためにできる、洗顔とスキンケアについてご紹介します。

顔のテカリを防ぐための洗顔

顔のテカリを防ぐためにまず大切にしたいのが洗顔です。

水だけで洗顔を済ませていませんか?

洗顔料を使うのが面倒だからといって、水だけでバシャッと洗ってハイおしまいにするのはNG!
水だけでパシャパシャ洗っても、油分は水分をはじきますのでしっかり顔の皮脂を落とすことはできません。
顔に余分な皮脂が残ったままになってしまいます。

さらに、水だけで洗顔した後に化粧水をつけても、顔に残っている皮脂は油分なので水分をはじいてしまい、肌にじゅうぶんな水分を補給することができません。
せっかくのスキンケアも無駄になってしまう可能性があるので、洗顔は洗顔料などを使ってきちんとすることがおすすめです。

洗顔料の泡をしっかりと立てて、キメの細かい泡を作ってやさしく泡で洗うようにして丁寧に洗いましょう。

夫

でも洗顔料って泡立てたりするのが面倒くさいんだよな~。

そう、私の夫もそうなんですが、たとえ洗顔料を使って洗顔していても、ちゃんと泡立てないで洗顔する男性ってけっこう多いんですよね・・・!(私の経験則ですが)

泡立てて使うタイプの洗顔料を中途半端に泡立てて洗顔しても、しっかりと汚れは落ちませんし、肌の負担にもなりやすいだけなので、洗顔料を泡立てるならしっかりキメ細かく泡立てるようにしましょう。

それでも面倒!という方は「泡立てなくてOKな洗顔料」を使ってみるのも手だと思います。

オミ
オミ

最近、泡立てなくていい洗顔料があると知り、使ってみたので簡単に使い方や使い心地の口コミレビューをお届けします。

泡立てなくていい洗顔料!「アールオム ツブウォッシュ」を実際に使ってみた口コミレビュー

※商品をご提供いただきました。

アールオムの「ツブウォッシュ」は、泡立てなくても洗顔できる洗顔料です。

オミ
オミ

泡立てないで洗うって・・・ちゃんと汚れ落ちるのかな・・・?

と色々調べてみたんですが、結構いい感じに洗えそうだったので、夫と一緒に使ってみることにしました。←メンズだけど試したがりなので私も積極的に使います笑

▼アールオムのツブウォッシュをネットで購入するならこちら♪

ツブウォッシュがいい感じに洗えそうだと感じたポイント

ツブウォッシュがいい感じに洗えそうだと感じたポイント
  • アミノ酸系で肌に優しい
  • クレイが配合されている
  • 炭が配合されている
  • 酵素が配合されている
アミノ酸系で肌に優しい

ツブウォッシュはアミノ酸系のやさしい洗浄力を売りにしています
洗浄力の強い洗顔料を使うと、肌への刺激があったり、必要な皮脂まで落としてしまい肌の乾燥を招くことなどにつながる可能性がありますが、
アミノ酸でやさしく洗浄できるため、洗顔による肌への負担が軽くなる期待ができます。

クレイが配合されている

ツブウォッシュには「タナクラクレイ」というクレイが配合されています。
クレイは粘土。泥の中でも粒子の細かいものを指します。
粒子がとても細かくマイナスの電気を帯びているため、プラスの電気を帯びている皮脂や古い角質などを毛穴の奥から吸着してくれる働きがあります。
さらにタナクラクレイには天然ミネラルが約60種類も含まれているんだとか。
豊富な天然ミネラルの血行促進や活性化などによる様々な美肌効果にも期待ができそう。

炭が配合されている

ツブウォッシュには「炭」が配合されています
炭に開いている無数の小さな穴が皮脂や汚れ・化学物質などを吸い上げて汚れを吸着してくれますし、クレイ同様マイナスの電気を帯びているため、プラスの電気を帯びている汚れなどを吸着します。
とにかく炭は吸着力が優れているので皮脂や汚れもばっちり取ってくれそうです。

酵素が配合されている

ツブウォッシュには「パパイン」と「リパーゼ」という酵素が配合されています
「パパイン」はパパイヤから抽出した天然の酵素で、皮脂や古い角質を分解する働きがあります。
「リパーゼ」は脂肪や皮脂などの脂を分解する働きのある酵素です。
どちらも酵素ピーリングで配合されることもある成分で、肌がクリアになることで肌のトーンアップにもつながる期待ができます。

オミ
オミ

「泡」で洗わない分、しっかり皮脂や汚れを落とせるような成分が配合されているんです。
これなら泡立てなくてもちゃんと洗えそう!

▼アールオムのツブウォッシュをネットで購入するならこちら♪

ツブウォッシュを使ってみた

ツブウォッシュの洗顔料はパウダー状です。
黒いツブツブがいっぱい。

ツブウォッシュの使い方

ツブウォッシュの箱を開くと内側に使い方が書いてありますが、
手に適量を出して、少量の水でなじませ、
まだツブツブが残っている状態で顔を洗います。

イメージしやすいように動画を撮ったのでご覧ください。

夫

えっこんなんでいいの!?めっちゃ楽じゃん

普通の洗顔料だったら完全にアウトな泡立て方ですが、これでOKなのはツブウォッシュならではですね。

ツブウォッシュの洗い心地口コミレビュー

使う前はツブツブしてるのが痛いんじゃないかと思いましたが、粒の感触が以外にも心地よく、だんだんほぐされていく感じがおもしろい。
顔全体を撫でているうちに粒は消えます。

洗い上がりは結構さっぱり。小鼻や額の脂もしっかり落ちました。
私は少しだけピリピリ感じたのですが、夫はこのさっぱりとした洗い上がりに満足しているよう。

1度の洗顔では毛穴のしつこい黒ずみや角栓は落ちませんでしたが、ツブウォッシュは何といっても皮脂や汚れを吸着する成分が何種類も配合されているので、洗い続けるうちに毛穴のしつこい黒ずみや角栓もキレイになっていくのではないかと期待できます!

それから、ツブウォッシュで洗顔した後の肌は化粧水が入りやすいと感じました。
肌の角質が柔らかくなって、肌に浸透しやすくなっているようです。
洗顔後のスキンケアでしっかり水分を肌に入れてあげれば、洗顔とスキンケアのコンビネーションで皮脂対策がばっちりできそうです!

▼アールオムのツブウォッシュをネットで購入するならこちら♪

顔のテカリを防ぐために洗顔で気を付けたいこと

1日何回も洗顔しない
洗顔をするのは朝、夜の1日2回で十分。
顔のテカリが気になるからと、1日に何度も何度も顔を洗うと、必要な皮脂まで落とされてしまい、余計に皮脂が分泌されるようになり悪循環になります。
洗顔を多くするよりも、1日に2回の洗顔を丁寧に行うことが大切です。

スポンサーリンク

顔のテカリを防ぐためのスキンケア

洗顔後はできるだけ早く、化粧水、美容液、乳液、クリームなどで肌を整えましょう。
皮脂がクリアになった状態でしばらく放置してしまうと、肌の水分はどんどん蒸発し、皮脂も分泌されるのでスキンケアの入りが悪くなります。
たっぷりの化粧水で肌に水分を入れるのと、乳液やクリームでふたをするのは最低限したいところですが、
色々買いそろえるのが面倒であれば、化粧水、乳液、美容液、クリームなどがひとつになった「オールインワンジェル」を使うのもありだと思います。

また、皮脂吸収成分が配合されているスキンケア用品を選ぶと、より効果的に顔のテカリを対策することができますよ

顔のテカリを防ぐためにスキンケアで気を付けたいこと

乳液やクリームはつけすぎない
乳液やクリームをつけすぎないように気を付けましょう。
ただでさえ男性の肌は油分が多いので、油分に油分が足されるとオイリーな状態になってしまいます。
乳液やクリームをつけすぎたと感じた時は、ティッシュで優しく抑えて余分な油分を落とすようにしましょう。

あぶら取り紙の使用は控える
あぶら取り紙は必要な油分まで取ってしまうため、皮脂が足りないと判断した肌がどんどん皮脂を分泌させることにつながってしまいます。
「顔がテカってきたな」と感じたらティッシュで優しくおさえて、過剰な皮脂だけを取るのがおすすめです。

オミ
オミ

顔のテカリについてお届けしました!
顔のテカリ対策の参考にしていただければ嬉しいです!

▼アールオムのツブウォッシュをネットで購入するならこちら♪

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
美容
スポンサーリンク
キレインボー
タイトルとURLをコピーしました