CCクリームだけでノーファンデもOK?CCクリームのおすすめ5選[2021]

美容

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
オミ
オミ

ナチュラルな仕上がりのメイクが流行っていますね。
そんなベースメイクの強い味方になってくれるのが「CCクリーム」です。
この記事では、CCクリームの魅力や使い方、おすすめのCCクリームなどをご紹介していきます。
ベースメイク選びの参考にしていただければ嬉しいです。

CCクリームとは?

肌の色を補正しながら肌をきれいに見せてくれたり、日焼け止め、化粧下地、スキンケア効果など様々な働きをしてくれるのがCCクリームの特徴で、
1つあればベースメイクを仕上げられるという魅力的なアイテムです。

「BBクリーム」と「CCクリーム」の違いは?

CCクリームよりも有名なアイテムで「BBクリーム」があります。
BBクリームもCCクリームも、ベースメイクで使うクリーム。

オミ
オミ

「BBクリーム」とか「CCクリーム」とか、似たようなクリームでややこしいな!

と思いますよね。
BBクリームとCCクリームは似ているようで実は違う役割があります。
一体何が違うのか比べてみましょう。

BBクリームの特徴

「BBクリーム」の「BB」は「ブレミッシュバーム(Blemish Balm)」の略です。
もともとは傷んだ肌の炎症を抑えながら赤みをカバーするために作られたのがBBクリーム。
1本でファンデーション、化粧下地、美容液、日焼け止めなどのはたらきをします。
保湿効果のあるクリームファンデーションもBBクリームと呼ばれることもあり、CCクリームよりも重ため。カバー力があるのが特徴です。

CCクリームの特徴

一方で「CCクリーム」の「CC」は、「Color Control(カラーコントロール)」、「Color Condition(カラーコンディション)」などの略と言われています。
肌色を補正する効果が高く、肌のくすみや色むらなどをカバーして肌の透明感を演出してくれます。
1本で肌色補正、化粧下地、美容液、日焼け止めなどのはたらきをします。
BBクリームよりも軽いつけ心地で、ナチュラルに仕上がるのが特徴です。


これらの特徴から、シミやニキビ跡などのカバー力を重視するなら「BBクリーム」
肌の悩みをナチュラルに補正したり、素肌っぽくきれいに見せたいなら「CCクリーム」を選ぶのがおすすめです。

オミ
オミ

ナチュラルメイクにチャレンジしたいという方もCCクリームを試してみるのもいいと思います♪

スポンサーリンク

CCクリームの使い方

私が使っているのは「SK-2」のアトモスフィアCCクリーム。

CCクリームはベースメイクとして使いますので、いつものスキンケアで肌を整えてから顔に塗布します。

オミ
オミ

美容液の成分が入っているからと、化粧水などのスキンケアをサボるのはNG!
CCクリームだけでは十分な水分は補えません。

CCクリームを顔全体に塗れたら完了です!

ツヤのあるベースが出来上がりました。
肌色が均一になり、ナチュラルに肌の粗がカバーされています。

ツヤを抑えたかったり、化粧崩れやベタつきが気になる場合は、フィニッシングパウダーで仕上げるのがおすすめ。

また、CCクリームだけではシミ、そばかす、ニキビ、ニキビ跡などが気になる!
という場合は、BBクリームを使ったり、ファンデーションやコンシーラーを気になる部分に使うなどしてカバーするといいですよ◎

オミ
オミ

CCクリームだけでノーファンデでも肌の粗はけっこうカバーできるし、自然に仕上がるので個人的にCCクリームはすごく気に入っています♪

CCクリームのおすすめ5選

ここからはおすすめのCCクリームをご紹介していきます!
それぞれのCCクリームの特徴などにも注目しているのでCCクリーム選びの参考にしてみてください。

SK-2 アトモスフィアCCクリーム

出典:rakuten.co.jp

スキンケアブランド「SK-2」のアトモスフィアCCクリーム。
SK-2といえば保湿成分の「ピテラ」が有名ですが、こちらのCCクリームにも「ピテラ」が配合されています。
ピテラは保湿だけでなく、本来の肌のはたらきを高めたり、皮脂バランスを整え、キメの整ったハリのある肌へ導いてくれる美容成分。
メイクしながらピテラでスキンケアできるのが魅力です。
日焼け止め効果も高いので、日差しの強い日のお出かけにも頼れるアイテムです。

  • UVカット:SPF50/PA++++
  • カラー展開:1色
  • 容量:30g
  • 定価:9,350円 (税込)

▼SK-2 アトモスフィアCCクリームをネットで購入するならこちら♪

SK-2 アトモスフィアCCクリーム
created by Rinker

 

シャネル CC クリーム N

出典:rakuten.co.jp

女性の憧れ「シャネル」のCCクリームは、ピンク系ベージュとイエロー系ベージュの2色展開です。
神秘の果実と呼ばれる「テルミナリアフェルジナンジアナ」のエキスが配合されていて、肌にうるおいをもたらせてくれます。
少量でも伸びがよく自然な仕上がりで、コスパがいいと評判のCCクリームです。

  • UVカット:SPF50/PA+++
  • カラー展開:2色
  • 容量:30ml
  • 定価:6,930円(税込)

▼シャネル CC クリーム Nをネットで購入するならこちら♪

シャネル CC クリーム N
created by Rinker

 

カバーマーク スキンブライト クリーム CC

出典:rakuten.co.jp

ファンデーションのエキスパートブランド「カバーマーク」のCCクリームは、化粧崩れしずらいのが売り。
皮脂を吸着するパウダーが配合されているのと、皮脂をブロックするオイルプロテクト処方がされています。
3色のパールと2種類のカバー粉体が作る層によって、理想的な肌色を再現して肌をきれいに見せてくれます。

  • UVカット:SPF50/PA++++
  • カラー展開:2色
  • 容量:25g
  • 定価:4,180円(税込)

▼カバーマーク スキンブライト クリーム CCをネットで購入するならこちら♪

カバーマーク スキンブライト クリーム CC
created by Rinker

 

エトヴォス ミネラルCCクリーム

出典:rakuten.co.jp

国内ミネラルコスメの先駆けブランド「エトヴォス」のCCクリームは、アンチポリューションケア もできるのが売り。
植物由来の美容成分によって、タバコの煙、排気ガスなどの大気汚染などによる外部刺激による乾燥ダメージから肌を守ってくれます。
さらにセラミドや甘草エキスなどをはじめとする美容成分も数種類含まれていて、メイクをしながら美肌へと導いてくれます。
石けんで落とせるのでクレンジング不要。肌への負担を少なくできる多機能クリームです。

  • UVカット:SPF38/PA+++
  • カラー展開:1色
  • 容量:30g
  • 定価:3,520円(税込)

▼エトヴォス ミネラルCCクリームをネットで購入するならこちら♪

エトヴォス ミネラルCCクリーム
created by Rinker

 

スポンサーリンク

アウェイク プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー

出典:rakuten.co.jp

ニューヨーク生まれの自然派スキンケアブランド「アウェイク」のCCクリームはファンデーションの効果も兼ね備えているのが特徴。
気になる部分に多めに塗ることでカバー力がアップします。
紫外線や大気汚染から肌を守りながら、植物オイル&エキスでうるおいのある肌に仕上げてくれます。

  • UVカット:SPF50+/PA++++
  • カラー展開:3色
  • 容量:30mL
  • 定価:4,180円(税込)

▼アウェイク プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザーをネットで購入するならこちら♪

アウェイク プットオンアハッピーフェイス ティンティド モイスチュアライザー
created by Rinker

 

オミ
オミ

CCクリームについてご紹介しました!
お肌を自然にきれいに見せてくれるCCクリームは1本あると便利です◎
ぜひベースメイクに取り入れてみてくださいね。

この記事を書いた人

オミ
化粧品検定1級取得
美容好きが高じて化粧品検定1級を取得しました!今よりもきれいに♡を目指して自分を高めながら情報発信していきます!
美容
スポンサーリンク
キレインボー
タイトルとURLをコピーしました